世界につながる日本社会では、世界と日本との関わりについて学習しています。
今日はNGOでの活動経験のある本校教員が、現地での活動の様子、難民キャンプの様子、なぜ活動にかかわっているかなどの授業を行いました。
教科書にも掲載されている中村哲さんという医師の方が、パキスタンでどのような活動をしているかを現地の写真などを交えながら詳しく伺うことができました。
これからの社会を作っていく子どもたちの中に、自分ができること何かという例の一つとして、この授業が残っていくことを願っています。