並べて重ねてミラクルチェンジ図画工作で、造形遊びの活動をしました。
体育館の全てのパイプ椅子を使って、グループごとに並べたり重ねたり。
向きを変えたり角度や色をそろえたりして、いつもの体育館が違った空間に変身。
高さや安定性など安全面に注意しながら、活動していくうちにそれぞれのグループのテーマやコンセプトが見えてきます。
最後に出来上がった作品を、みんなで鑑賞しました。思いがけずできた影の並び方や、高低差が生み出す効果に感心しきりの子どもたち。空間の造形美を味わえたダイナミックな活動となりました。