コロナ禍で2年間中止していた愛川宿泊体験学習、今年の4年生は実施することができました。保護者の方が大勢見送りに来てくださる中、子どもたちは元気いっぱい出発しました。まず、宮ケ瀬ダムに行きました。9月の雨の影響で、ダム湖の貯水率は99%、エメラルドグリーンの湖を見ることができ、インクラインでダムを降るときもダムの大きさ・高さに驚いていました。愛川ふれあいの村では、写真オリエンテーリングで村内散策をしました。1周1.5㎞の村内を、写真の場所を見つけるためにグループで歩き回っていました。夜はキャンプファイヤーで大いに盛り上がりました。子どもたちの心の中に『切り替えの火』『協力の火』『やり切るの火』が灯った活動となりました。