12月8日(水)

 横浜市歴史博物館の方に来ていただき吉田新田がどのように作られたのかを教えてもらいました。現在、横浜市で一番栄えている場所が江戸時代には入海であったことを知り、驚いていました。

12月13日(月)

 教えてもらったことを活かして「もっこ体験」をしました。田んぼに行き、低くなったあぜ道を修復する作業をしました。吉田新田の作業にかかわった人々の苦心や努力に気づくことができました。