今までの経験から自力で身を守ることをねらった今年度最終の避難訓練を行いました。今回は集大成につき、いつ訓練を行うのか予告せず、しかも休み時間中に発生する想定で行ったので、臨機応変な対応をとれるかが焦点でした。写真左から、休み時間に遊ぶかなっ子→校庭にいた子は中央に集合→教室にいた子が続々と校庭へ→5分後に全員が集合完了。
コロナ禍のため集合訓練を何度か中止にしていたにもかかわらず、最も大切な「冷静に、協力して避難」ができたかなっ子はとても立派でした。明日は東日本大震災からちょうど10年、黙とうを行って哀悼の意を表すとともに、協力して命を守ることの大切さを再確認します。