コロナ禍でも家庭科の調理実習に行うために、例年とは違った対応をしています。
試食時の感染防止や密集対策として、6年生1学級を前後半で半数ずつにした実習です。課題は野菜炒め。材料、器具、箸、皿すべて自分専用として自宅から持参しました。会話もできずに黙々と食べなければならないことがやや残念ですが、自作の野菜炒めの味や出来栄えに満足そうな6年生でした。