4年生が取り組んできた横浜市芸術文化教育プラットフォームの学習プログラム、最終日はなんと「かなっくホール」での演奏会が実現しました。テーマに沿って自分たちで考えたストーリーを歌舞伎囃子で堂々と表現しました。本物体験を実現してくださったアーティストの方々、かなっくホールの方々に感謝申し上げます。
※10月13日の記事が1回目、今日が4回目です。