「アートの力を活用して自由な発想を導き、豊かな感性を育てる」横浜市芸術文化教育プラットフォームの学習プログラム、例年4年生が挑戦しており、今年のテーマは「歌舞伎」です。アーティストの来校により1回目の体験活動を行いました。歌舞伎についての説明を受け、いろいろな楽器体験をしました。
全4回の学習で「かな小歌舞伎」を完成させます。コロナ禍ではありますが、完成発表会には保護者の方をご招待できるように計画しています。
かなっくホールの"facebook”に、今日の内容がアップされています。こちらもどうぞ。