オリ・パラ推進校の本校にブラインドサッカー元日本代表の落合啓士選手が来校され、6年生に対して、講演とブラインドサッカー体験をプレゼントしてくださいました。
「視覚障がいがあるからできないではなく、何ができるか」というポジティブな考え方や選手を引退した今も追いかけている夢についての話はかなっ子の心に響くものがありました。
ブラインドサッカー体験では、視覚がない中でボール操作をしたり、プレイヤーにかける適切な言葉が見つからなかったり、新たな気づきにつながりました。