これも卒業生から受け継いだ「バトン」の話題です。
昨年度の6年生(現中1)は、さらに先輩卒業生から受け継いだ横浜市オリンピックパラリンピック教育推進校の取組として、パラスポーツを学ぶことを通してインクルーシブな社会貢献を目的とした教育プログラム「I'm POSSIBLE アワード」に応募しました。その参加賞が学校に届きました。
今日、6年生の教室では、ゴールボールの田口侑治選手、ブラインドマラソンの青木洋子選手からかなっ子に対してメッセージが届いたことをきっかけに、受け継いだオリ・パラの活動を自分たちがどのように進めていくかに頭をひねっていました。
2020東京大会は延期になりましたが、かなっ子にとってはさらに学びを深める時間を得ることにつながったようです。