登校時にかなっ子を迎えるのが私の日課です。金曜日だけは北門から登校する少数の児童をアシスタントの穂永さんといっしょに迎えます。再開以来初めての金曜日。新しい6年生の班長さんに率いられて元気に登校するかなっ子でした。

 
6年生はこの一年間の学年目標を決めるために集会を開きました。学年としてどのような一年間を目指していくかの合意形成はとても重要です。私も、この学年への思いを述べさせてもらいました。いわゆる三密を防ぐために体育館の扉を開放し、午前午後の二度に分けて思いの共有を図りました。こんな年だからこそ、いつもとは違った何かを残してくれることを期待しています。