臨時休業中、午前中は緊急受入れと校庭開放に対応した職員、午後からは短くなった一年間でどんな教育活動をしていくかの会議を開きました。
資質・能力を育成するために、どんな授業をしていくべきか、行事や特別活動でどういった力をつけていくべきかを話し合いました。
もちろん、広めの部屋で、換気をしながら、十分な間隔をとって「三密対策」も行っています。
1か月ほど先ではありますが、再開準備に余念のない職員です。