5年生は、6月20日~22日まで

山梨県にある道志村に宿泊体験学習に行ってきました。

 

1日目


出発の時には、ペア学年の3年生が見送りに来てくれました。
 

 
道志村に到着してからすぐにハイキングに行きました。
道志川を眺めることができる吊り橋や
自然いっぱいの道に大興奮でした。
 

 
やまゆりセンターでは、水源林についての学習を行いました。
森がきれいな水を作る役割を担っていることを知り
森の大切さを感じているようでした。
 

 
夕食は、自分たちの力で作ったカレーでした。
薪を割り、火をおこし、具を切り・・・
全員で協力しなければ完成することのないカレー作り。
おいしいカレーを作ろうと
声を掛け合いながら作業していました。
完成したカレーはとてもおいしかったです。

 

2日目

 
林業体験、農業体験行いました。
林業体験では、森の中に入り
間伐を行いました。
想像していたよりも大変だったようで
苦労しながらも協力して
大きな木を切り倒していました。
達成感を感じていたようです。
 

 
農業体験は、宿泊している宿ごとに内容が違い
田んぼ仕事や畑仕事を手伝いました。
こんなに大変なことをして
食べ物ってできているんだぁと
改めて食べ物を大切にしたいと話していました。

 
夜にはキャンプファイヤーを行いました。
6つの箱を火の神から受け取り
思い切り体を動かし、思い切り歌った
楽しいキャンプファイヤーでした。

キャンプファイヤーの後は
ホタルを見に行きました。
ゲンジボタルがたくさん飛んでいる姿は
とてもきれいで
子どもたちも歓声を上げながら
その姿を見つめていました。


3日目


お世話になった民宿の掃除を行いました。
前日の夜に、宿の人に聞いて
相談して場所を決めました。
感謝の気持ちを込めて
一生懸命掃除を行っている様子でした。


ほうとう作りを行い
粉を混ぜ、伸ばし、切りました。
意外と力が必要なことに驚きながらも
楽しんでほうとう作りに取り組んでいました。
完成したほうとうはとてもおいしかったです。


空いている時間をみつけ
各民宿のメンバーごとに
道志川に行きました。
とてもきれいな川に足を入れてみると
驚くほど冷たかったです。


道志とお別れするときは
涙を流して別れを惜しむ姿も・・・。
子どもたちにとって
かけがえのない出会いだったようです。
優しく包み込んでくださる
道志村の方の心に触れ
充実した3日間を過ごしたようでした。

学校に到着し最後まで真剣に話を聞く姿に
この3日間で成長した子どもの姿を
みることができました。
道志村でしか体験できないことを体験した
3日間になりました。