10月26日(金)

地域清掃

      

 鴨志田公園とその周りの歩道、鴨志田第2公園、第3公園、第4公園の4か所で清掃を行いました。

 昨年度までは、学年単位でしたが、今年度は初めての試みで、かもの子グループ(1年生から6年生までの縦割りグループで全12班)で実施しました。

 子どもたちは軍手をして、レジ袋を持ち、高学年は竹ぼうき等の道具も使い、落ち葉や燃えるゴミ、缶・びんなどを拾い集めました。どのグループも高学年が主体的に動き、その姿を見て他の学年の児童も協力しながら意欲的に取り組んでいる姿が見られました。落ち葉・燃えるゴミ(ほとんど落ち葉ですが)は、4か所合計、91袋(45Lの袋)ものゴミを拾うことができました。縦割り活動の「よさ」が見られた清掃活動になりました。

 

 

 

 地域清掃地域清掃

 

 

10月22日(月)

5年生 認知症理解の学習

    

  10月22日に5年生は、鴨志田ケアプラザの方々をはじめとして、認知症キャラバンメイトのみなさんや青葉区役所等から10名の講師の方々をお招きして、認知症についての学習を行いました。初めに認知症とはどのようなことなのかということを知るためにお話を聞かせていただきました。その中でカラーボールを使った記憶についてのお話やDVDの視聴により、認知症についての理解を深めることができました。

 後半は、グループごとに分かれ、絵を見ながら、自分たちで認知症ということを発見し、講師のみなさんにアドバイスを受けながら、「わたしたちにできること」を考え、伝え合いました。講師の方からは、今日の学習を家庭でも話題にして、認知症についての理解を一層深めてほしいとお話がありました。

 

10月24日(水)

4年生 資源循環局見学

    

 10月24日(金)に横浜市資源循環局 都筑工場へ社会科見学に行ってきました。子どもたちにとって身近であるごみがどのように処理されているのか、ごみピットの中を動く巨大クレーンを見たり、工場の方のお話を聞いたりして体感的に学びました。

 ごみピットの中の大きなクレーンを実際に動かす様子を見せていただき、子どもたちは大きさや迫力にびっくりしていました。

 昼食は工場近くの東方公園で食べ、秋を感じながら、元気よく遊びました。。

 

 

4年生 資源循環曲見学4年生 資源循環曲見学

4年生 資源循環曲見学4年生 資源循環曲見学

10月22日(月)

5年生 認知症理解の学習

    

  10月22日に5年生は、鴨志田ケアプラザの方々をはじめとして、認知症キャラバンメイトのみなさんや青葉区役所等から10名の講師の方々をお招きして、認知症についての学習を行いました。初めに認知症とはどのようなことなのかということを知るためにお話を聞かせていただきました。その中でカラーボールを使った記憶についてのお話やDVDの視聴により、認知症についての理解を深めることができました。

 後半は、グループごとに分かれ、絵を見ながら、自分たちで認知症ということを発見し、講師のみなさんにアドバイスを受けながら、「わたしたちにできること」を考え、伝え合いました。講師の方からは、今日の学習を家庭でも話題にして、認知症についての理解を一層深めてほしいとお話がありました。

 

5年生 認知症理解の学習5年生 認知症理解の学習

5年生 認知症理解の学習

 

 

 

 

 

10月17日(水)

1年生 球根を買いに行きました

  

  生活科の学習で、秋まきの花を育てることになり、今日は1年生みんなで、学校近くの「テーブルガーデン鴨志田店」に、花の球根を買いに行きました。

 一人ひとり、それぞれの花の写真を熱心に見たり、お店の人に話を聞いたりしながら、いろいろな種類の球根からお気に入りの一つを選んでいました。

球根の観察をしてから、春に咲くきれいな花を楽しみにしながら育てていきます。

 

 1年生 球根を買いに行きました1年生 球根を買いに行きました

1年生 球根を買いに行きました

 

 

 

 

 

 

10月16日(火)

5年生 アルミ板打ち体験

    

 10月15日に5年生の保護者の秋葉さんのお父様をお招きし、アルミ板打ちを行いました。秋葉さんはお仕事で金属の製品を作っておられ、その技術力を生で見させていただきながら、子どもたちにも体験してもらおうと思い、今回の授業を行うことになりました。

中々アルミ板を打つ機会などないことなので、子どもたちは夢中になって活動していました。打てば打つほどアルミは変形し、子どもたちは変形して浮き上がった部分を見つけては「ここを叩こう」と声を掛け合いながら、作業をしていました。時々秋葉さんにも入っていただき、板の変形を直してもらったり、浮き上がった部分の打ち方を教えてもらったりしました。

 打つ活動の後は、「曲げてみたい」と言う子どもの話しから、打った板を色々な形に曲げる活動をしました。横に曲げたり、縦に曲げたり、端だけを曲げてみたりさせてもらいました。縦に曲げたアルミ板は子どもたち5人が乗っても壊れない「イス」に変身していました。今回は模様だけ付けさせていただいたのですが、これから先は秋葉さんが加工をしてくださるそうです。今年度中には子どもたちが付けた模様の入った製品ができるそうなので、とても楽しみです。 

 5年生 アルミ板打ち体験5年生 アルミ板打ち体験

5年生 アルミ板打ち体験

 

 

 

 

 

10月15日(月)

歯みがき週間②

    

 10月15日(月)~19日(金)の期間、今年度2回目の歯みがき週間を行いました。給食後に各クラスで歯みがきを行います。

 今回も保健委員の児童が歯の模型を持ってクラスを回り、歯みがきのポイントを伝えました。2回目ということもあって、堂々と話すことができたようです。3回目の歯みがき週間は、1月24日(月)からの1週間を予定しています。最終日には、歯科衛生士の増田先生による歯みがきチェックが約2年ぶりに行われます。  「A」を目指して全校で歯みがきに取り組んでいきます!

 

 歯みがき週間②歯みがき週間②

歯みがき週間②歯みがき週間②

 

 

 

10月12日(金)

5年生 稲刈り

  

 10月9日に稲の収穫をしました。稲を収穫するにあたって、田植えの時からご指導いただいている宮里先生にも来ていただきました。子どもたちはそれぞれ軍手とハサミをもって、収穫を始めました。収穫するときに宮里先生から「草の部分も使えるから、なるべく下の方から切るように」と教えていただきました。今年の天候でどれほど収穫できるか不安に思っていましたが、予想以上に収穫できました。元気に育った苗を切る時には「なかなか切れないな」「稲刈りって大変だ」という、農家の方々の努力を実感する声がありました。

 その後収穫した稲は、数株ごとにひもで縛り、穂を食べられる心配のない屋上の階段に干していきました。自分たちで作ったお米を食べられることを子どもたちはとても楽しみにしているようですが、まだまだこれから作業は続いていきます。この後の活動もしっかり行っていきたいと思います。

 

 

 

5年生 稲刈り5年生 稲刈り

5年生 稲刈り5年生 稲刈り

 

 

10月11.12日(木・金)

愛川宿泊体験学習

  

 10月11~12日に、愛川宿泊体験学習に出かけました。この一か月間、一人ひとりがめあてをもち、みんなで一からつくり上げてきた愛川体験学習。どの児童も期待に満ちあふれた笑顔で活動することができました。

 初日は、レインボープラザで藍染の体験をしました。輪ゴムや割り箸を使って自分の好きな模様をつけ、世界に一つだけのバンダナを作りました。愛川ふれあいの村では、木オリエンテーリングやディスクゴルフで自然とふれ合い、夜は初日のクライマックス、キャンドルファイヤーで普段は味わうことのない時間を過ごすことができました。

 翌日は、社会科で学習している宮ケ瀬ダムを見学しました。待ちに待った放流の瞬間、予想以上の水の迫力に歓声が上がりました。

帰り道、「この時間がずっと続けばいいのに」「もう一泊したい」とつぶやく児童も見られました。自分自身の成長が感じられたとともに、友だちの新たな良さも感じられた二日間、そして一か月間だったのではないでしょうか。

 担任一同も、この経験や思い出が、きっと、これからの子ども達の成長につながっていくと確信することができました。

 

 

 愛川宿泊体験学習愛川宿泊体験学習

愛川宿泊体験学習愛川宿泊体験学習

愛川宿泊体験学習愛川宿泊体験学習

 

 

 

 

 

10月6日(土)

ひいらぎのつどい

   

 今年度も鴨志田緑小学校恒例の「ひいらぎのつどい」を行いました。全校の子どもたちが、手品・工作(和紙アート)・昔遊び・将棋・お茶・お琴・紙飛行機・ダンス・理科・折り紙・卓球・木工・手芸・フラワー・おはやしの15のコーナーに分かれ、それぞれの活動を体験しました。また、オープニングセレモニーでは、オリジナルの「ひいらぎの歌」を全校の子どもたちで歌ったり、音楽クラブが発表したりしました。各コーナーでは、ひいらぎの先生方(地域の皆様・元本校の校長先生・横浜美術大学の皆様・国学院大学の皆様)と、保護者ボランティアの皆様が、子どもたちに大変丁寧に温かくご指導くださいました。

 子どもたちは、毎年、この行事をとても楽しみにしています。そして、ひいらぎのつどいのために、大きな力を尽くしてくださるひいらぎの先生方やボランティアの方々に、感謝の思いを強くもっています。鴨志田緑小学校の大切な行事です。

 

 ひいらぎのつどいひいらぎのつどい

ひいらぎのつどいひいらぎのつどい

ひいらぎのつどいひいらぎのつどい

ひいらぎのつどいひいらぎのつどい

ひいらぎのつどいひいらぎのつどい

ひいらぎのつどいひいらぎのつどい

ひいらぎのつどいひいらぎのつどい

ひいらぎのつどい

 

 

 

 

 

 

 

10月5日(金)

1,2年生 ボール遊び(DeNA)

  

 10月4、5日の2日間にわたり、DeNAの方が来校し野球教室(ボール遊び)を開催しました。

 初めてバットを触る子もいましたが、握り方や構え方からていねいに教えていただき、どの子もボールを楽しんで打つことができました。

 また、ボールを投げるコツも教えていただくと、「どんどんコツが分かってきた!」「さっきよりも遠くにとんだ!」「楽しい!」と投げることを楽しみながら活動することができました。

 野球好きの子は、自分が知っているプロ野球選手に直に指導してもらえることに感動している姿も見られ、充実した時間を過ごしていたようでした。

 

 

 1,2年生 ボール遊び(DeNA)1,2年生 ボール遊び(DeNA)

1,2年生 ボール遊び(DeNA)1,2年生 ボール遊び(DeNA)

1,2年生 ボール遊び(DeNA)1,2年生 ボール遊び(DeNA)

 

 

 

10月5日(金)

5年 心の教育ふれあいコンサート

   

 10月5日(金)に、みなとみらいホールで行われた「心の教育ふれあいコンサート」を鑑賞してきました。コンサートの前に「新聞博物館」をグループごとに見学し、情報メディアの発信の仕方や歴史を体感しました。その後、横浜が世界に誇るみなとみらいホールで、普段なかなか味わうことのできない深く広がりのある音の響きを感じたり、迫力のあるオーケストラの演奏を楽しんだりしました。

 行き帰りの移動は長く、学校関係者以外の人々もいる中で、みんなで公共マナーを意識してしっかり行動することができました。またひとつ成長することができた一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 5年 心の教育ふれあいコンサート5年 心の教育ふれあいコンサート

5年 心の教育ふれあいコンサート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月2日(火)

6年 命の授業

  

  

 助産師の先生を講師にお招きし、「命の授業」を行いました。

受精卵の大きさを知ることから授業は始まりました。画用紙に開けられた小さな穴を見て、子どもたちは「こんなに小さいんだ!」と驚きの声を上げていました。

次に、見た目も重さも本物の赤ちゃんそっくりにできている赤ちゃん人形を一人ひとり抱っこしました。グループごとに輪になって、大切そうに赤ちゃん人形を抱っこする様子はとても心温まるものでした。頭の重さに驚いていました。

 また、出産を3週間後に控えた妊婦さんも来てくださいました。心音を聞かせてもらい、子どもたちは、「生命力があって感動した。」と言っていました。妊娠が分かった時の気持ち、奥さんの妊娠を知って仕事先の倉庫で涙した旦那さんのこと、日常生活で大変なこと、思いやりと勇気のある子どもに育ってほしいという願い・・・。妊婦さんの話を子どもたちはとても真剣に聞いていました。

 最後に、出産はお母さんと赤ちゃんの両方ががんばっていて、赤ちゃんは生まれてくるまでに4回も姿勢を変えるのだというお話を聞きました。そして出産をめぐる家族の写真をスライドで鑑賞しました。とても感動的で、子どもたちも食い入るように見ていました。

 授業を終えた子どもたちは、「生命の強さやすばらしさをあらためて感じた。」「生命はどんなに小さくても、強く大きく存在すると思った。」「全力をつくして産んでくれたお母さんに感謝したい。」「親ががんばって作ってくれた命だから、命は大切にしなければいけない。」「自分は独りではない。支えてくれる人がいる。と強く思って生きていこうと思う。」と振り返っていました。

 「命の授業」は子どもたちの心に残る素晴らし時間になりました。

 

 

 

6年 命の授業6年 命の授業

6年 命の授業6年 命の授業

6年 命の授業6年 命の授業

6年 命の授業6年 命の授業

6年 命の授業6年 命の授業