2015年度 学校日記 10月

 

 

10月29日(木)

鴨志田中学校合唱コンクール  

 10月29日に青葉公会堂で鴨志田中学校合唱コンクールが行われ、6年生が鴨志田緑小学校の代表として鴨志田第一小学校の6年生と一緒に参加しました。

 6年生は中学生の合唱を聴いて、「すごい、私たちと全然違う。」などと圧倒されていました。しかし、自分たちの出番になると、中学生に負けないぐらいの声量と表現豊かな歌声を公会堂に響かせました。歌い終わったあとには会場中から大きな拍手を頂くことができました。この経験を自信にかえて、残りの5か月を過ごしてほしいと思います。またひとつ卒業にむけて大きく成長した姿を見ることができました。

 

1029鴨志田中学校合唱コンクール1 1029鴨志田中学校合唱コンクール2

 

 

  

 

       

10月27日(火)

横浜市立小学校体育大会  

 10月27日(火)、第65回横浜市小学校体育大会第一日目が開かれました。第一日目には、市内173校、6年生児童約15,700人が参加しました。

 全員参加の演技と長縄跳びに取り組みました。演技では、実行委員を中心に行った練習の成果を最大限発揮し、とても上手に踊ることができました。また、長縄ではクラスの最高記録をめざし、気持ちを一つに3分間全力で取り組みました。

 朝練習参加者の中から代表に選ばれた選手は、4×100mリレー、100m走、走り幅跳びに出場し、練習の成果を発揮しました。スタンドからの応援も選手に届き、鴨志田緑小学校としての一体感を味わうことのできる一日でした。

 練習から本番まで、自分たちが本気で、仲間と力を合わせて取り組んできたことを誇りにしてほしいと思います。29日(木)に行われる合唱コンクールでも鴨志田緑小学校6年生の立派な姿を披露してくれると、期待しています。

 

1027体育大会1 1027体育大会2

1027体育大会3 1027体育大会4

 

  

 

 

10月26日(月)

中庭コンサート 4年生  

 10月26日の中休みに、「中庭コンサート」と題して4年生がリコーダーの演奏を披露しました。これは、来年からリコーダーの授業が始まる3年生に向けた演奏でしたが、中休みということもあり、他の学年の児童も見に来るほどの素晴らしい発表会になりました。

 曲目は「“もののけ姫”から」で、リコーダーにトーンチャイムやツリーチャイムを加えた美しい合奏になりました。学年児童が一つになることの素晴らしさ、そして異学年との交流の良さが感じられたひと時でした。

 

1026中庭コンサート1 1026中庭コンサート2

 

  

 

            

10月26日(月)

かもの子農園 2年生  

 10月26日、5月に植え付けをしたサツマイモの収穫をしました。「大きくなったかな」「たくさん掘れるかな」とワクワクしながら農園に出かけた子どもたち。畑の先生宮里さんやボランティアの皆さんに教えていただいたり、サポートしていただいたりしながらたくさん収穫できました。まだ土がついているサツマイモをじっくり観察して絵を描いたり、蔓で遊んだりして楽しみました。

 

1026サツマイモ収穫1 1026サツマイモ収穫2

1026サツマイモ収穫3 

 

  

 

      

10月26日(月)

福祉体験授業(車いす・福祉車両)

 6年生は、トヨタ自動車関連会社の皆様をお迎えして、車いす体験・福祉車両体験の福祉体験授業を行いました。

 車いすを使われている方が、どのような気持ちなのか、どのように声をかけてあげれば良いのかなど、体験談をもとにお話をしてくださいました。実際に、車いすを自走したり、介助したり、福祉車両の仕組みを学習したりする中で、見ているだけ・考えているだけでは分かる事の出来ない、たくさんの事を学びました。

 車いすでは、ちょっとした段差を乗り越えるむずかしさ、車いすを使う方にとっての怖さなどを感じることができました。細かなところまで「使う人」の事を考えて作られている福祉車両に感心させられていました。

 今日の体験を通して、日々の生活の視野を広げ、誰もが住みよい町をつくる担い手の一人として意識を高めてほしいと思います。

 

1026福祉体験6年1 1026福祉体験6年2

1026福祉体験6年3 1026福祉体験6年4

1026福祉体験6年5 1026福祉体験6年6

  

 

      

10月26日(月)

音楽朝会 6年生

 6年生は、29日(木)に行われる鴨志田中学校合唱コンクールに向けて練習中の合唱曲「雪の祭り」(3部合唱)を、校内発表しました。6年生らしい、美しい歌声を体育館に響かせることができました。

 前半は、雪合戦などを表現した勇ましい雰囲気。後半は、かまくらの中でゆっくりと過ごす優しい雰囲気。一曲の中に様々な情景があり、各パートの音の重なりに加え、強弱や声色など多くの表現を工夫して練習してきました。練習を重ねていくと、日常の中で歌詞をつぶやいたり、歌ったりする姿が見られ、子どもたちの曲への愛着も高まりました。

 校内での発表を終えると、ペア学年の1年生からメッセージも届き、合唱コンクール本番への意欲もより一層高まったことと思います。

1026音楽朝会6年1 

1026音楽朝会6年2

  

 

     

10月23日(金)

ステップ国際理解 2年生

 「ステップ国際理解」による「国際交流教室」が行われました。

 モンゴル民話「スーホの白い馬」を題材に、日本語とモンゴル語で読み合ったり、モンゴルの民族楽器「馬頭琴」の音色を聴いたりしました。子どもたちは、馬頭琴の奏でる馬の鳴き声や蹄の音などに感動していました。モンゴルの生活や民族衣装なども紹介していただき、目を輝かせながら聞き入っていました。「馬頭琴は、とてもきれいな音が出るのでびっくりしました。」「モンゴルに行ってみたくなりました。」「ゲルというモンゴルの家のことがよくわかりました。」と嬉しそうに学習を振り返っていました。

 

1023ステップ国際理解1 1023ステップ国際理解2

1023ステップ国際理解3 1023ステップ国際理解4

  

 

     

10月23日(金)

資源循環局都筑工場見学

 10月23日(金)に、横浜市資源循環局 都筑工場へ社会科見学に行ってきました。

 子どもたちにとって身近な存在であるごみが、どのように処理されているのかを体感的に学びました。ごみクレーンやごみピットの大きさを目の前にし、ごみを処理するためにどれほど大規模な設備が必要なのかを感じることができました。

 子ども達のふりかえりからも、「これからはごみを減らす、分別をしっかりする」という思いをもったことが伝わってきました。

 お昼ご飯は、秋晴れのよい天気の中「東方公園」でお弁当を食べました。

 

1023資源循環局1 1023資源循環局2

1023資源循環局3 1023資源循環局4

1023資源循環局5 1023資源循環局6

  

 

       

10月17日(土)

ひいらぎのつどい

 今年もひいらぎの先生やボランティアの皆様の多大なご協力のもと、本校の特色ある行事として大切にしている「ひいらぎのつどい」が行われました。

 子ども達は、事前の打ち合わせ会のときから心待ちにしていただけあって、当日もひいらぎの先生のご指導をいただきながら、13のコーナーに分かれて様々な活動を楽しんでいました。

 

1017ひいらぎのつどい1 1017ひいらぎのつどい2

1017ひいらぎのつどい3 1017ひいらぎのつどい4

  

 

     

10月16日(金)

鴨志田中学校ブロック 児童生徒交流日

    

 鴨志田中学校ブロックの児童生徒交流日には、鴨志田第一小学校の児童と共に、中学校で授業体験や部活動体験を行いました。

 体験の前には、生徒会本部の生徒たちが標準服・ジャージ・弁当・定期テストのことなどについて説明をしてくれました。簡単なゲームでアイスブレイクをしてそれぞれが希望した教科や部活の体験を行いました。

 半年後の中学校生活に向けて、中学生の礼儀正しさや行動力を見習い、次のステップへの準備をしてほしいと思います。

 

1016児童生徒交流日1 1016児童生徒交流日2

1016児童生徒交流日2 1016児童生徒交流日4

1016児童生徒交流日5 1016児童生徒交流日6

  

 

  

10月16日(金)

新江ノ島水族館遠足 3年生

  

 10月16日(金)に、雨模様でしたが、三年生が心待ちにしていた、新江ノ島水族館に行ってきました。

到着後すぐに、体験教室に行きました。ボウルの水の中のアカヒトデとマナマコとミズクラゲを触りました。飼育員の方の分かりやすい説明で海の生き物に対する愛情と理解が深まりました。

その後、グループで大型水槽やクラゲや深海のコーナーやペンギンなど見学しました。仲よく約束を守って行動できました。

 最後に、楽しみにしていたイルカショーを見ました。中には水族館で生まれ育ったイルカもいます。四代目というのは貴重なイルカです。アザラシのかわいいダンスやたくさんのイルカの見事なジャンプや泳ぎを満喫しました。

 

1016新江ノ島水族館1 1016新江ノ島水族館2

1016新江ノ島水族館3 1016新江ノ島水族館4

  

 

  

10月15日(木)

「たすけ合いながら 自分を描こう」6年生

 6年生は、校内作品展の共同作品づくりのために、佐々木孝先生(横浜市立小学校元校長・自然素材や身近な材料を用いて学びを創るグループFF・つちのこ代表)をお招きして、造形プログラムを実施しました。

 テーマは、「たすけ合いながら 自分を描こうそして みんな仲間あることを確かめ合おう」です。大きな紙に寝そべって、友だち同士で型を取り合い、思い思いの色でペイントしていくプログラムです。佐々木先生からは、「自分を大切にね」「友だちとの重なりは相談して色を決めようね」「最後まで根気よくていねいにぬろうね」など、テーマに合った言葉かけをしていただき、子どもたちも集中して楽しく取り組むことができました。

 仕上がった作品は、11月の校内作品展で展示いたしますので、ぜひご覧ください。

 

1015助け合いながら自分を描こう1 1015助け合いながら自分を描こう2

1015助け合いながら自分を描こう3 1015助け合いながら自分を描こう4

1015助け合いながら自分を描こう5 1015助け合いながら自分を描こう61015助け合いながら自分を描こう8 1015助け合いながら自分を描こう7

 

10月13日(火)

「おかえりメッセージ」パート3 

 6年生、5年生へのメッセージに続いて、10月8日・9日に愛川宿泊体験活動に出かけた4年生へ、ペア学年の2年生からメッセージが届けられました。2年生はペアの4年生に心をこめて、メッセージを書きました。

 温かいサプライズのメッセージに4年生も大喜び。火曜日の朝、さっそく2年生にお礼を伝えにいきました。こうして交流が深まっていくのだと感じた出来事でした。

 

1013おかえりメッセージパート3 1 1013おかえりメッセージパート3 2

 

  

10月10日(土)

横浜市立小学校球技大会(サッカーの部)に参加しました。

 今年度、鴨志田緑小学校は横浜市立小学校60校が参加する球技大会(サッカーの部)に参加することができました。

 9月から、毎週3回の朝練習を続け、男子14名・女子10名が参加しました。朝練習の成果を発揮し、試合を楽しむことができました。また、開会式後には、アトランタ五輪サッカー代表の遠藤彰弘さんが来場し、サッカーを通して「続けることの大切さ」「考えることの大切さ」をお話ししてくださいました。

1010市球技大会1 1010市球技大会2

1010市球技大会3 1010市球技大会4

1010市球技大会5 1010市球技大会6

  

 

10月8日(木)~9日(金)

4年生 愛川宿泊体験学習

 10月8日~9日に、愛川宿泊体験学習に出かけました。この一か月間、一人ひとりがめあてをもち、みんなでいちから創り上げてきた愛川体験学習。当日はこの上ない天候にも恵まれ、どの児童も期待に満ちあふれた笑顔で出発することができました。

 初日は社会科で学習している宮ケ瀬ダムを見学したり、レインボープラザであいぞめの体験をしたりしました。愛川ふれあいの村では、ディスクゴルフで自然にふれ、夜は初日のクライマックス、キャンプファイヤーで普段は味わうことのない時間を過ごすことができました。

 翌日は、野外炊事でカレーづくりに挑戦しました。慣れない手つきで野菜を切ったり火を焚いたりと、思った以上に苦労したようでしたがその分、力を合わせて作ったカレーの味は格別でした。

 帰り道、「この時間がずっと続けばいいのに」「もう一泊したい」とつぶやく児童も見られました。自分自身の成長が感じられたとともに、友だちの新たな良さも感じられた二日間、そして一か月間でした。

 この経験や思い出が、きっと、これからの子ども達の成長につながっていくと確信することでしょう。

1008愛川宿泊体験学習1 

1008愛川宿泊体験学習3 1008愛川宿泊体験学習4

1008愛川宿泊体験学習5 1008愛川宿泊体験学習7

1008愛川宿泊体験学習6 1008愛川宿泊体験学習8

 

10月7日(水)

横浜・F・マリノスのコーチが来ました。  

 2年生は10月7日に、横浜・F・マリノスのコーチに来ていただき、サッカー食育キャラバンの出前授業を受けることができました。

 3、4校時にボール遊びとサッカーのミニゲームを行い、目一杯体を動かしました。サッカーをしたことのある児童も、そうでない児童も楽しみながら、体を動かしていました。ミニゲームでは、コーチに教えてもらった、ボールを止めること、切り返して違う方向にドリブルすることの2つをつかい、上手にサッカーをしていました。

 その後、コーチと一緒に給食を食べながら、食事の摂り方や食事の大切さのお話をしてくださいました。

10072年生マリノス食育1 10072年生マリノス食育2

10072年生マリノス食育3 10072年生マリノス食育4

    

10月5日(月)

6年生 らっかっせい収穫  

 かもの子農園で栽培しているらっかせいを収穫しました。

 らっかせいの抜き方や選別の仕方を畑の宮里先生に教わりながら作業をしました。らっかせいを抜いた後に、まだ残っていないかを確かめていると、モグラが通った後の穴を発見しました。穴をたどると、他の作物の方に伸びていて、「このままだと他のが食べられちゃう!」と心配している子もいました。

 実りの秋を迎え、サトイモやサツマイモの葉も大きくなってきていました。

1005らっかせい収穫1 1005らっかせい収穫2

1005らっかせい収穫3 1005らっかせい収穫4