今日の1時間目、どこからか子どもたちの元気で楽しそうな声が聞こえてきました。

職員室の窓から外を見ると、1年生がしゃぼん玉を飛ばしています。

  

子どもたちは、自分で用意した思い思いの道具を使って、活動を楽しんでいました。

吹く強さや道具の振り方を工夫する子…

自然に吹く風をうまく生かしている子…

たくさん飛ばしたい子…

大きなしゃぼん玉を作りたい子…

夢中になって飛ばしている子…

静かにしゃぼん玉の行方を見送っている子…

一人一人が、それぞれに思いをもって活動する様子が見られました。

空高く舞い上がるしゃぼん玉には、子どもたちの思いが詰まっているようにも見えました。

とてもすてきな時間でした。