令和2年5月21日

保 護 者 様

横浜市立勝田小学校

校 長  相坂 俊

エチケット袋(きらきら袋)準備のお願い

 

 日頃より本校の教育活動にご理解、ご協力いただき、ありがとうございます。

 さて、本校では今年度より、児童の急な体調変化への対応として、日常的に「エチケット袋」を用いて、特に嘔吐による周囲への感染予防について指導していきたいと考えています。

   つきましては、裏面を参考に、「エチケット袋(きらきら袋)」をご家庭で準備していただき、学校に持たせていただきたいと思います。その際は、ご家庭でもお子さんと体調不良時の対応についてお話しいただき、使い方の練習もしていただきたいと思います。

   準備いただく期日に関しては、後日、学校が開始されてからお知らせします。その後、次のような内容で体調不良時の対処法について話をしていきたいと思います。お手数をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

 

体調不良時の対応について

 

保護者の方へ

前日や朝、嘔吐や下痢などの胃腸炎症状があった際は、無理をさせず、ご家庭で様子を見てください。症状が前日でおさまり、朝食も食べられて元気に登校する場合は、「前日に胃腸炎症状があった」ことを担任までお知らせください。

・学校で嘔吐や下痢の胃腸炎症状があった際は、早退になります。お迎えをお願いしますので、連絡がつくようにしておいてください。

 

子どもたちへ

・児童から「気持ち悪い」「腹痛」といった胃腸炎を疑う訴えがあった場合、「吐き気」がなくても、学校生活中は「きらきら袋」を携帯するようにします。教室移動や保健室来室時などは、「きらきら袋」か「きらきらバケツ(主に低学年教室にあります)」を必ず持って移動しましょう。

・体調が悪い時は早めに申し出て、ぎりぎりまで我慢しないようにしましょう。

・学校に来てから嘔吐や下痢があった時は、必ず担任など先生に報告しましょう。

もし、トイレ以外で嘔吐や下痢があった時、またはトイレを汚してしまった時は、その場から動かずに周りに助けを求めて、先生に知らせるようにしましょう。

・ハンカチやティッシュを持参し、うがいや手洗いを丁寧に行いましょう。

 

エチケット袋(きらきら袋)準備のお願い(ルビ付き)20200521-105252.pdf [198KB pdfファイル] 

エチケット袋(きらきら袋)の作り方 20200521-105314.pdf [210KB pdfファイル]