保健室前掲示板に掲示しています

学校医の服部先生、学校薬剤師の玉村先生をお迎えして、児童たちが自分で身を守れるよう、危険を察知できる能力が身に付けられるよう、さわやか会議が行われました。階段の数段飛ばしや、手すりの上を滑り降りたりなど、必ず守れる怪我や、雨の日に廊下が滑って怪我するなど、注意すれば守れる怪我など、どうすれば怪我を防げるかを、みんなで考えました。服部先生や玉村先生からもヒントをいただき、これからの学校生活を安全に過ごしたいと思います。