本日、個別支援級の子どもたちが、オリパラ教育の一環として「ボッチャ」を体験しました。区の体育協会の職員が来校し、ゲームのやり方等についても説明を受けました。誰にでも参加できるように的となるジャックボールの位置をリーダーが設定することもできます。本校の子どもたちも、みんなが届く距離のあたりにジャックボールを設定し、より近くにボールが置けるように競っていました。チームで協力することやお互いに応援することなど、スポーツとしてのよさをたくさん含む競技でした。意外性もありますが、ジャックボールのそばにボールが置けると大興奮していました。