本日の5時間目は、4年生と5年生が音楽の合同授業に取り組みました。5年生が勉強してきた合奏「威風堂々」を聞かせてもらい、その後楽器ごとに分かれて、5年生からそれぞれの楽器の演奏方法について教えてもらいました。アルトリコーダーでは、きれいな音色をだす息の入れ方、♯ファとサミングのファを中心に教えてもらいました。鍵盤楽器では、アコーディオンに初めて触れる児童が多く、じゃばらを動かして空気を入れる方法を教えてもらっていました。教える方も教わる方も笑顔で楽しく取り組めました。いい時間でした。音源も付けまので雰囲気を感じてお楽しみください。

  

001_191213_1420A0.MP3 [2876KB MP3ファイル]