今日は、4年生が区の社会福祉協議会と点訳ボランティアによる「点字体験」をしました。実際に点字を書いたり読んだりする中でたくさんの気付きがありました。点字は学びやすいよう約束が決められていること。点字があることで目の不自由な人と私たちも交流ができること。交流するためにいろいろなゲームや施設に点字が活用されていることなど、点字を学んだことで世界が広がったという感想を述べる児童もいました。また、今回の体験を生かして、いろいろな人が交流できる道具を考えていきたいという児童もいました。多くの学びの機会を提供していただき誠にありがとうございました。