本年度のスクールゾーン対策協議会が本日開催されました。昨今の世の中の動きに合わせて、今までの交通安全だけではなく、昨年度の大阪のブロック塀の事件、新潟の下校時の事件を踏まえて、様々な角度から通学路の安全を点検しました。登下校時の児童の安全、放課後の児童の安全まで考え、今年度からは放課後学童の指導員さんも参加して、地域の安全について意見交換を行いました。本年度も校外委員を中心に今日まで準備を重ね、資料に基づいた討議がなされました。繰り返しお伝えしているように、本校は地域の協力が厚く、多く方が児童の安全を日常的に見守ってくれている仕組みがあります。しかし、基本的には登下校の安全は、保護者の責任です。学校でも繰り返し指導します。子ども自身が身を守る力を伸ばすとともに保護者も今一度、この機会に危機意識を高く持って指導にあたってください。校外委員のみなさま、本日に至るまで、そして本日の会議ありがとうございました。