3年生から音楽の学習で始まるアルトリコーダーの事前学習がありました。楽器屋さんの講師にリコーダーを演奏するときの姿勢、笛の持ち方、息の入れ方、指の押さえ方など基本的なことを教わりました。一番難しかったのは、やはり息遣いのようでした。「やさしくシャボン玉を膨らませるように息を入れましょう」といわれても、つい強く息が入って音が割れてしまう児童もいました。折角新しい学習が始まるのですから、ゆっくり楽しく学んでほしいと思います。