昨日の朝会では、卒業式に向けての話をしました。既に学校便り等でもお知らせしているように、本校では今年から卒業式を全校で行います。卒業式は、学校行事の中でも最も重要な全校行事です。首都圏の学校では、児童数が多く、会場に全校児童が入れないため、やむなく代表のみが出席する式が行われています。しかし、本来は、最もお世話になった6年生を全校で心を込めて送るのが卒業式です。最高の卒業式を迎えるために、送る側も送られる側も準備が必要です。残り一か月、六年生の素晴らしい姿、学校生活の中で力を発揮する姿を目に焼き付け、感謝の気持ちを大きく膨らませて卒業式当日を迎えたいものです。昨日の放課後は、環境委員とPTA有志、学援隊のみなさん、技術員さんで卒業式用のプランターの準備も進められていました。