月曜日に中和田中学校で中和田中学校ブロックの「横浜子ども会議」が開かれました。中和田中学校ブロックは(中和田中学校、伊勢山小学校、和泉小学校、中和田小学校)の4校です。「横浜子ども会議」は、誰もが安心して豊かな学校生活を送るために、子ども自身に何ができるのかを考える会議です。昨年度、横浜では「いじめ問題」が大きな課題となり、各学校で「いじめ」の問題とどう取り組んでいくか?「いじめ」の起こりにくい学級や学校をどう作っていくかという実現可能な具体の取り組みについて話し合いました。今年度のテーマは一歩進めて、「いごこちのよい学校」。一人一人に居場所がある学校というテーマで話し合いました。問題が難しく、なかなかこれといった取り組みは見つかりません。でも、中学生のリードのもと、それぞれの学校で今まで行ってきた活動を紹介し合う中で、やっぱり「あいさつ」を大切にしていこうということで話し合いがまとまりました。今後は、各学校でここで話し合われたことを生徒会や児童会で話し合い、年間の取り組みとして展開していきます。本校からも運営委員の5年生と6年生が代表として出席しました。今後の取り組みが楽しみです。