本日、いつも児童の安全を校外、校内で見守って下さっている、学援隊の代表の方と本年度の保護者との交流会について打ち合わせをしました。その中で、4月の登校の様子、登校時の保護者の付添い、オレンジベストの着用率等についてデータをもとに話し合いました。4月当初は、1年生の保護者が多く付き添ってくださっていましたが、後半になり、かなり減ってきているということ。また、オレンジベストの着用率が例年に比べて低いことが話題に上がりました。本校では、全家庭にPTAの予算を用いてオレンジベストを配布しています。これは、児童の登下校の安全を全家庭で見守っていこうというPTAの強い意志の表れです。本校の取り組みは、昨年度も区内で話題になり、羨望の的です。よきPTAの活動を続けていくためにも、家の前で見送る際もできる限りオレンジベストを着用しましょう。また、授業参観や運動会など、学校行事で来校する際は、みんなでオレンジベストを着用するようにしましょう。犯罪を抑止するために本校のPTAと学援隊が知恵を絞って開発したシステム、精神を継承しましょう。