始業式の校長の話です。5・56・322。これは、何の数字でしょう?4年生の根本さんが見事に正解しました。5は、今年度の転入生。2年生以上の伊勢山小学校の新しい仲間です。56は、1年生、新入生の数です。そして322は、全校児童の数です。今年は、この人数でスタートします。年度の初めに、今年も話したことは、新しいクラス、新しい仲間と出会い、ワクワクしていることと思います。このワクワクを素敵な出会いとするためにも、今年も誰もが安心して通える学校をみんなで作っていきましょう。自分自身にそういう気持ちがなくても相手がつらい思いをすることがあります。まずは、学校生活の中でつらい、自分だけでは解決できないと思ったら、どの先生でもいいですから相談してください。また、先生に相談できない時は、おうちの人や身近な人に相談してください。でも、みなさんもお互いにこういう思いをしないよう、相手のことを考えて毎日の生活を送ってください。誰にでもできる、最初に心掛けたいことは「あいさつ」です。自分からいろいろな人にあいさつをしていくことで、たくさんの人とより良い関係を作っていくようにしましょう。今年1年も、みんなの力で楽しいことがいっぱいの伊勢山小学校にしていきましょう!!