さて、この数はなんでしょう?そうです。平昌オリンピックで日本選手が獲得したメダルの数です。多くの選手が精一杯自分の実力を発揮し、たくさんの感動を私たちに与えてくれました。メダルを獲得した多くの選手が喜びと共に語ったことに、周りの人、応援してくれた人への感謝の言葉があります。一流の人は違いますね。すごい努力をしているんです。この日のためにいろいろなことを我慢して、目的を達成しているにもかかわらず、自分を称えるのではなく、感謝の気持ちを伝える。確かに一人ではできないこと。周りの人の多く支えがあり、夢を実現しているのですが。その日に向かって一生懸命に努力する姿とその日を終えた時に、多くの人に感謝の言葉を述べる姿に感動せずにはいられません。伊勢山小学校もオリンピックではありませんが、学年のゴールであるその日が近づいています。6年生は卒業式。1年生から5年生は修了式。学年の初めにクラスの目標を立てたり、自分自身の目標を立てたり。あと1か月。その日に向かって努力をしましょう。そして、その日を迎えたら、多くの支えてくれた友達や家族、地域の人に感謝の言葉が述べられるとよいですね。素敵な学年末が迎えられるよう、頑張りましょう。