今日の朝会では、連休を前に安全の指導を行いました。地域の方々、見守り隊、学援隊の方々のご尽力で4月は事故もなく安全に学校生活を送ることができました。これは、偏に地域の方々のおかげで、子どもたち自身の安全に対する能力が高まったわけではありません。特に1年生は、3月まで、ほとんどの子どもが保護者とともに出歩いていたと思います。1年生になったとたんに一人で遊びに行くようになつた人もいませんか?本当に安全ですか?自分の命は、自分で守るのが基本です。今まで安全に過ごせたからと言って明日も安全とは限りません。道路の歩き方や自転車の乗り方を実際に体験しながら学ぶ、警察との協力による安全指導は、来週に予定されています。2年生以上は、昨年学んだことをもう一度思い出して、安全に過ごしてください。1年生は、担任の先生からの指導を受けてください。連休明けにこうしてみなさんとまた、元気に会えるように、指導されたことを守って安全に過ごしてください。

 この話の後、児童指導専任の池上より、具体的な指導がありました。ご家庭でもそれぞれの子どもに応じて、安全に対するご指導をお願いいたします。