昨日の着任式・始業式で児童に3つの話をしました。新しい校長としてみんなと「いい学校」創っていきたい。まず初めに「いい学校」を創るために2つの話しをします。

 「いい学校」にするために、まずは、誰でもが安心して通える学校にしなくてはいけません。みなさんも知っていると思いますが、残念なことに横浜ではいじめの問題があって、安心して学校に通えない友達がいました。いじめはどこにでも起こる問題ですが、本校では、そういう問題が起こらないように、1年間友達を大切に日々過ごしてほしいと思います。とはいっても、もし「いやだな」「つらいな」と思うようなことがあったら、どの先生にでもよいから相談してください。全力で助けます。

 「いい学校」にするためには、みなさんが毎日元気に学校に通ってきてもらわなくてはなりません。これも、去年横浜市の小学校であったことですが、交通事故で学校に通えなくなってしまった友達がいます。伊勢山小学校では、たくさんの大人が、地域の人たちが、みなさんの登下校を見守ってくれています。みなさん自身も交通ルールを守って安全な登下校を心がけてください。そして、地域の方やみなさんの安全を守ってくれている方々に毎日元気にあいさつをしてください。

 最後は、数字のクイズです。「315、52、3」。これはどんな数字でしょう?児童たちは、素直に反応してくれて、楽しいスタートが切れました。「いい学校」になりそうです・・・。