AET(アシスタント・イングリッシュ・ティーチャー)の先生との英語の授業を子どもたちは楽しみにしています。夏休み明けの初めてのレッスンは、色と形と物の名前を組み合わせて歌にしていくというものです。子どもたちが、AETの発音を真似て、リズムに合わせて歌うことで、授業の最後には楽しい英語の歌の合唱になりました。飯島小学校では、今年度からは担任が中心になって進める英語の授業にも挑戦していきます。そこで、まずは教員が英語での会話を楽しめるように放課後の時間を利用してAETと英語でお話をする会(イングリッシュ・カフェ)を定期的に開いています。今日のお題は、「夏休みにしたこと」…先生たちが夏休みの体験談を英語で(必死に)伝えあいました。