旭消防署の方に来ていただいて、着衣泳を行いました。服を着たまま、靴を履いたまま、水に入った子どもたちは、「体が重い。」「動きずらい。」など水着とは違う体の動きづらさを実感していました。また、消防署の方から、いざとなったらランドセルや体の力をぬいて浮かべば助かるということを教えてもらい驚いた様子でした。楽しみながらも、水の怖さや助かる方法などをしっかり学ぶことができました。