5月から7月にかけて、夏野菜を育てました。ピーマン・ミニトマト・ナス・キュウリ・オクラ・エダマメの中から育てたい野菜を選び、世話をしてきました。はじめは葉のみで、実がなることも想像できない子どもたちでしたが、花が咲き、小さな実がつくにつれ、収穫への期待がだんだんと高まる様子が見られました。

 収穫までの間には、様々な問題がありました。茎が倒れてしまう、花が咲かない、虫の被害がではじめる、葉が病気にかかってしまうなど、子どもたちは問題が出る度に、友達と話し合ったり、本で調べたり、詳しい先生に助言をもらったりと、主体的に解決してきました。一生懸命に世話をする子どもたちの姿から、野菜に対する愛情が伝わってきます。その背景には、自分で苗を買い、一人一鉢で育て、収穫したおいしい野菜を食べたいという強い思いがあったからだと思います。

 何かに一生懸命になり、みんなと協力して、問題を解決していこうとする経験をこれからも積み、有意義な1年間を過ごしてほしいと、担任一同考えています。

お野菜ぐんぐん大作戦①お野菜ぐんぐん大作戦②