校長 山崎浩一郎

 本郷(ほんごう)小学校(しょうがっこう)皆さん(みなさん)前期(ぜんき)生活(せいかつ)終わり(おわり)、いよいよ後期(こうき)スタート(すたーと)しました。

 前期(ぜんき)終業式(しゅうぎょうしき)では、1年生(1ねんせい)6年生(6ねんせい)代表(だいひょう)(ひと)がこれまでの学習(がくしゅう)生活(せいかつ)振り返って(ふりかえって)作文(さくぶん)読んで(よんで)くれました。

 全部(ぜんぶ)では、長い(ながい)ので、一部(いちぶ)紹介(しょうかい)しますね。

1年生(1ねんせい)

 わたしは、1年生になってうれしかったことやたのしかったことが3つあります。

ひとつめは、ひらがなをじょうずにかけるようになったことです。

 ふたつめは、6ねんせいといっしょに たいりょくてすとが できてうれしかったです。

 みっつめは、ぺあの6ねんせいに きめつのやいばのおりがみを おしえてもらえてうれしかったです。こうきは、ぶんさんとうこうで あえなかったともだちといっしょに べんきょうしたり、あそんだりすることがたのしみです。とくに、かんじのべんきょうがはじまったので、たくさんかけるようにがんばりたいです。

 

<6年生>

 (わたし)前期(ぜんき)頑張った(がんばった)ことは2つあります。

 一つ目(ひとつめ)は、ペア(ぺあ)活動(かつどう)です。(わたし)大切(たいせつ)にしたことは、ペア(ぺあ)()に「楽しんで(たのしんで)もらう」ということです。そこで考えた(かんがえた)遊び(あそび)は、「簡単(かんたん)楽しめる(たのしめる)クイズ(くいず)」と「宝探し(たからさがし)」を合体(がったい)させたゲーム(げーむ)です。

 折り紙(おりがみ)作った(つくった)(たから)をもらった一年生(いちねんせい)はたのしかったからか、マスク(ますく)ごしでも分かる(わかる)ように笑って(わらって)いたので、うれしかったです。後期(こうき)ペア(ぺあ)活動(かつどう)があるので、沢山(たくさん)お話(おはなし)をして(なか)よくなりたいです。二つ目(ふたつめ)は、委員会(いいんかい)です。今年(ことし)放送(ほうそう)委員(いいん)になりました。(さい)高学年(こうがくねん)としての実感(じっかん)がわかなかったので、責任感(せきにんかん)持ちたい(もちたい)思い(おもい)副委員長(ふくいいんちょう)になりました。まちがえたらどうしようとプレッシャー(ぷれっしゃー)感じました(かんじました)。聞いている全校(ぜんこう)(ひと)分かりやすく(わかりやすく)楽しんで(たのしんで)もらえる放送(ほうそう)送りたかった(おくりたかった)ので、()(らく)にして放送(ほうそう)しました。

あと半年(はんとし)中学生(ちゅうがくせい)になります。中学生(ちゅうがくせい)向けて(むけて)小学校(しょうがっこう)とはちがって勉強(べんきょう)がとても難しく(むずかしく)なると思う(おもう)ので、ノートづくり(のーとづくり)工夫(くふう)して、見返す(みかえす)ときに分かりやすいノート(のーと)書ける(かける)ように心がけたい(こころがけたい)です。