校長 山崎浩一郎 

本郷(ほんごう)小学校(しょうがっこう)皆さん(みなさん)昨日(きのう)打って変わって(うってかわって)今日(きょう)冷たい(つめたい)(あめ)(あさ)から降り続いて(ふりつづいて)います。

それでも、教室(きょうしつ)では登校(とうこう)したB()グループ(ぐるーぷ)お友達(おともだち)緊急(きんきゅう)受入れ(うけいれ)子ども(こども)たちが熱心(ねっしん)勉強(べんきょう)していました。

緊急(きんきゅう)事態(じたい)宣言(せんげん)9月(9がつ)終わり(おわり)まで続く(つづく)ようです。そうしばらく我慢(がまん)続きます(つづきます)が、一緒(いっしょ)学ぶ(まなぶ)友達(ともだち)(ちから)合わせて(あわせて)頑張って(がんばって)いきましょうね。もうすぐ、前期(ぜんき)終わります(おわります)。まとめのテスト(てすと)などもありますので、しっかり復習(ふくしゅう)ですね。

 

さて、5時間目(5じかんめ)は、毎日全校(ぜんこう)で「ロイロタイム(ろいろたいむ)」が行われて(おこなわれて)います。

今日(きょう)は、5年生(5ねんせい)6年生(6ねんせい)ロイロタイム(ろいろたいむ)覗いて(のぞいて)みました。

高学年(こうがくねん)はさすがに高度(こうど)なことをしていますね。

5年生(5ねんせい)は、ロイロマスター(ろいろますたー)になろうと資料箱(しりょうばこ)からのデータ(でーた)出し入れ(だしいれ)をして、文字(もじ)写真(しゃしん)提出(ていしゅつ)する練習(れんしゅう)をしていました。また、はまっこ学習(がくしゅう)ドリル(どりる)先生(せんせい)がみんなのiPad(iPad)瞬時(しゅんじ)送り(おくり)、みんなは、その算数(さんすう)プリント(ぷりんと)数字(すうじ)入力(にゅうりょく)することをしていました。プリント(ぷりんと)配付(はいふ)しなくても簡単(かんたん)やり取り(やりとり)ができていました。さらに、英語(えいご)スピーチ(すぴーち)録画(ろくが)して(いえ)から送る(おくる)手順(てじゅん)学習(がくしゅう)しているクラス(くらす)もありました。それぞれのクラス(くらす)で今日は独自(どくじ)取組(とりくみ)をしていましたね。

 

 

6年生(6ねんせい)は、どこのクラス(くらす)もベン()ツール(つーる)挑戦(ちょうせん)していました。まずは、NHKforScoolの番組(ばんぐみ)でベン()というものを勉強(べんきょう)した(あと)給食(きゅうしょく)お弁当(おべんとう)のよさについて、ベン()用いて(もちいて)当てはめて(あてはめて)いく学習(がくしゅう)をしていました。みんなが思いついた(おもいついた)こと、考えた(かんがえた)ことが資料箱(しりょうばこ)通して(とおして)(まえ)大型(おおがた)モニター(もにたー)にも映し出され(うつしだされ)情報(じょうほう)共有(きょうゆう)することもしていました。

画面(がめん)タッチ(たっち)キーボード(きーぼーど)からの文字(もじ)数字(すうじ)入力(にゅうりょく)にもどんどん慣れて(なれて)いる様子(ようす)でしたね。

 

 

すごいなあと改めて(あらためて)感じる(かんじる)ことは、苦手(にがて)だから(いや)だと触らない(さわらない)子ども(こども)がいないということです。

どの学年(がくねん)のどの()慣れ(なれ)違い(ちがい)はありますが、興味(きょうみ)をもって前向き(まえむき)取り組んで(とりくんで)います。

時代(じだい)は、確実(かくじつ)変わって(かわって)きていますね。アナログ(あなろぐ)のよさも活かしつつ(いかしつつ)、これからの世の中(よのなか)は、ICT機器(きき)使いこなす(つかいこなす)ことが当たり前(あたりまえ)のことになっていくのですね。