校長 山崎浩一郎

本郷(ほんごう)小学校(しょうがっこう)皆さん(みなさん)!今日も(あさ)から(あめ)降って(ふって)います。

みんなは(そと)出る(でる)ことができないからつまらないかな?教室(きょうしつ)()をかいたり、お友だち(おともだち)仲良く(なかよく)お話(おはなし)したり(あめ)()過ごし方(すごしかた)工夫(くふう)してくださいね。

 

今年度(こんねんど)はまだまだコロナ(ころな)影響(えいきょう)があり、本校(ほんこう)では、水泳(すいえい)学習(がくしゅう)行いません(おこないません)が。6年生(6ねんせい)は、「安全(あんぜん)確保(かくほ)につながる運動(うんどう)」という学習(がくしゅう)があります。溺れて(おぼれて)しまったときなどにも自分(じぶん)(いのち)守る(まもる)ために、()浮き(うき)長く(ながく)浮く(うく)方法(ほうほう)学習(がくしゅう)したり、着衣(ちゃくい)のまま(みず)落ちた(おちた)(とき)対処(たいしょ)仕方(しかた)などを学習(がくしゅう)します。

今回(こんかい)横浜(よこはま)YMCA(YMCA)お願い(おねがい)し、座学(ざがく)ではありますが、「(みず)事故(じこ)防ぐ(ふせぐ)ために」という講義(こうぎ)をしていただく機会(きかい)をもちました。(実技(じつぎ)伴いながら(ともないながら)着衣泳(ちゃくいえい)依頼(いらい)したのですが、コロナ(ころな)()でどこでも座学(ざがく)行って(おこなって)いると聞きました(ききました)

 

 昨年度(さくねんど)だけで年間(ねんかん)7~800人(800にん)(かた)(みず)事故(じこ)でなくなっているそうです。子ども(こども)事故(じこ)近年(きんねん)少し(すこし)ずつ減って(へって)いるようです。それでも事故(じこ)が0になることはなく、尊い(とうとい)子ども(こども)(いのち)失われて(うしなわれて)います。(うみ)(かわ)楽しい(たのしい)ところですが、(なみ)流れ(ながれ)もあり、しっかりした知識(ちしき)をもっていないと(いのち)にかかわる事故(じこ)にもつながります。子ども(こども)からは「離岸流(りがんりゅう)」についての質問(しつもん)出て(でて)いましたが、校長(こうちょう)先生(せんせい)(むかし)(うみ)ボート(ぼーと)漕いで(こいで)いて、なかなか(きし)戻れず(もどれず)怖い(こわい)思い(おもい)をしたことがあります。 夏休み(なつやすみ)休日(きゅうじつ)に、近く(ちかく)(かわ)(うみ)などに遊び(あそび)にいくこともあると思います(おもいます)が、そんなときは、今回(こんかい)講習(こうしゅう)思い出し(おもいだし)安全(あんぜん)楽しく(たのしく)遊んで(あそんで)ほしいと思います(おもいます)

 

 参考(さんこう)までに、、横浜(よこはま)YMCA(YMCA)では心肺(しんぱい)蘇生法(そせいほう)(みず)落ちた(おちた)(とき)対処法(たいしょほう)などについて、ユーチューブ(ゆーちゅーぶ)動画(どうが)もあるそうです。

 「ウエルネスデリバリー(うえるねすでりばりー)」とカタカナ(かたかな)入力(にゅうりょく)すると観れる(みれる)そうですよ。興味(きょうみ)のある(かた)はどうぞ見て(みて)みてくださいね。