今朝8時30分より行われた在校生とのお別れ式「6年生を送る会」

  本日、第129回卒業証書授与式を行い、106名の6年生が無事小学校を卒業いたしました。ご卒業おめでとうございます。

 みなさんの学年目標である「向日葵」は、みんなが仲良く差別や偏見のない学年、それぞれの個性が輝き、助け合いや協力ができる学年にしたいという強い思いから、常に支えあい太陽に向かって顔を上げる大輪の花をイメージして選ばれたと伺いました。向日葵の種を煎ったものや搾った油は食用に、種を乾燥させたものは薬にと利活用されるほかヒマワリ油(あぶら)をディーゼル燃料にする研究も進んでいます。一つの花が多くの種をもち私たちの暮らしにも多種多様な 輝きを放つ向日葵。派手やかな黄金色に輝いて私たちの目を楽しませてくれる大輪の向日葵の花言葉「憧れ」のとおり下級生の憧れとなった六年生。そしてその多くの種を次に続く下級生にバトンとして渡すことができました。それぞれの目標という太陽に向かって生長し続ける向日葵になってください。(学校長式辞より)

校長 福嶋圭輔