短かった夏休みのあと始まった長い2学期もようやく今日で終わります。途中気のゆるみもありましたが2学期が始まった8月17日から学校はお休みすることなく今日を迎えることができました。これはみなさんが新型コロナウイルス感染症拡大防止の取組を頑張ったおかげです。ありがとうございます。しかし、最近の感染のようすは臨時休校だった3月から5月までのようすよりはるかに悪くなっています。ですからこれからもより一層の頑張りが必要です。
 冬休みは、大みそか、お正月と家族と過ごす時間を大切にしてほしい時期です。これまでと同様、毎日の検温とマスク、手洗い、換気、友達に触らない、近づかない、大声を出さないなど新型コロナウイルス 感染症の拡大防止に努めながらおうちの手伝いや宿題にも取り組んでください。いつもの冬休みと違ってお出かけしたり集まったりできず、つらく寂しいお正月になると思いますが、我慢しなければならないのはみなさんだけではありません。日本中、世界中の人たち全てに静かに過ごすことが求められています。
 そして本郷小のみんなにはもう一つ気をつけてもらいたいウイルスがいます。そういじめウイルスです。まだかかっている人がいます。コロナより怖いいじめウイルスにかからないでください。1月6日からの3学期を全校のみんなが元気に過ごせるよう一人ひとり全員の頑張りが必要です。よろしくお願いします。

 12月25日の2学期終業式では上のように話した後、3年生代表児童が2学期の振り返りを発表。そののち2週間前にホームページで紹介した栄区児童生徒スポーツ・文化活動表彰を行いました。

校長 福嶋圭輔