~花ボラさんがお花の植え替えをしてくださいました~

花1  

 先週までの暑さが少し和らぎ、今週は少しだけ秋の気配が感じられるようになってきました。

夏休み明けから、花ボラさんの活動がスタートし、今日は、5名の方が来てくださり、職員玄関前のお花の植え替えをしてくださいました。周りがいっきに華やぎました。花ボラさん、ありがとうございます。

校内の池には、ガマの穂が姿を現しました。「何これ?」「ウインナーみたい!」と珍しがる子。なかには「校長先生、これは触らないほうがいいですよ。触るとモクモクと煙のようなものが出てきます。」と教えてくれる子もいました。この子はきっと、触った経験があるのでしょう。確かにこするように触ると、ふかふかの種が煙のように出てきます。

月曜日の朝会では、秋の七草の話をしました。子どもたちには、身の回りの自然の変化に関心を寄せながら、たくさんの秋を見つけて欲しいと思っています。

 

イチョウイチョウイチョウイチョウイチョウ