【令和2年10月9日(金)令和2年度 前期終業式・あゆみ】

 本日9日(金)、令和2年度の前期が終了となり、終業式とあゆみを一人ひとりに渡しました。

 終業式では、学校の新しい生活様式の話、できないことを実現するために工夫することの話、あゆみをもらったら前期を振り返り後期のめあてを立てる話等話しました。

 また、代表の児童が作文を読みました。「後期も手洗いしたり、友だちとの距離に気をつけながらあそんだり、べんきょうしたりしたいです」(2年生)、「コロナでいろいろなことを考えるきっかけになりました。自分にできることを考えながら目標達成をに向けてがんばりたいです。」(4年生)というすばらしい作文が披露されました。

 その後、各クラスで担任から子ども達にあゆみが渡されました。「がんばったこと」「努力したこと」「もう少しがんばれそうなこと」等の話を担任が話しました。子ども達は笑顔でうなづきながら聞いていました。

 あゆみをもって帰られましたら、是非、ご家庭でお子様といっしょにお読みいただき、前期のがんばりの賞賛と後期に向けて励ましの言葉を掛けていただけますよう、よろしくお願いいたします。

 6月1日から本日10月9日まで、保護者の皆様のご理解・ご協力により、前期を終えることができました。心より感謝申し上げます。

 11日(月)から後期が始まります。そして、体育参観、東山田小20周年Sports festivalと続きます。今後もご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。