2年生に向けて、3年生が「きつつきの商売」の音読発表会をしました。
3年生は、2年生に場面の様子が伝わるように、読むときの声の大きさや、抑揚の付け方などを工夫して音読し、練習の成果を発揮していました。
一つ学年が上がったという自覚をもってできました。2年生のために優しく席を用意してあげる場面もありました。
2年生は、これから一年生に音読する「ふきのとう」をレベルアップさせるために、3年生の音読を聞きました。
真剣に最後まで聞くことができました。声の大きさや表情など3年生が工夫していたところを自分たちの音読にも生かしていきます。