6年生児童による発表

あいさつについての運営委員会の発表

 今日の朝会では来週月曜日に迫った宇宙飛行士山崎直子さんの講演会に向けて、6年生からの発表がありました。

 宇宙について自分たちが興味をもったことを調べて、それをまとめたものを全校児童に発表してくれました。

 司書の先生から、宇宙に関連した本の紹介もあり、子どもたちの興味関心もじわじわと高まってきているようです。

 後半は、児童運営委員会によるあいさつ運動についてのお知らせがありました。

 よりよいあいさつになるよう「目を見て」「笑顔で」「ハイタッチ」「一言付け加える」などのポイントを交えて呼びかけてくれました。

 これを実践して、今まで以上に気持ちのよいあいさつができる羽沢っ子になってほしいと思います。