薬物乱用防止教室の様子

今日は6年生の保健体育の授業の一環として、神奈川県警察本部少年相談・保護センターの講師の方による薬物乱用防止教室が行われました。

子どもたちの身近なところにもあるお酒やタバコの話から、「覚せい剤」や最近よくニュースなどでも出てくる「危険ドラッグ」というものが、どういった悪影響を及ぼすのかといったことなどを学習しました。

正しい知識を得て、将来適切な行動選択ができるようになってほしいと思います。