令和4年7月20日(水)

はいがごはん 夏野菜のカレー
ごま酢あえ プルーンはっこう乳

 

ぱくぱくだより「夏野菜」

 夏に旬をむかえる野菜のことを夏野菜といいます。
 夏野菜には水分が多くふくまれているので、夏野菜を食べることで、汗をかいて失われた水分をおぎなうことができます。また、夏野菜にふくまれるビタミンが、夏バテ予防に役立ちます。
 きょうは、夏野菜のカレーにトマト・かぼちゃ・なすを使い、ごま酢あえにきゅうりを使っています。
 夏野菜を食べて、暑い夏を元気に過ごしましょう。

             

令和4年7月19日(火)

麦ごはん ツナそぼろ
じゃがいもの炒め物 みそしる 牛乳

 

ぱくぱくだより「塩分のはたらき」

 塩分は体を健康に保つために必要なものです。汗をかいて、体の中の水分や塩分が足りなくなると、体の調子がわるくなり、熱中症にかかることがあります。
 熱中症予防のためには、水分をとるだけでなく、毎日の食事から塩分をとることが大切です。
 給食からも水分や塩分をとることができます。しっかりと食べて暑い夏を元気に過ごしましょう。

              

令和4年7月15日(金)

黒パン バーベキューソース炒め
ゆでとうもろこし クリームスープ 牛乳

 

ぱくぱくだより「とうもろこし」

 とうもろこしは、夏が旬の野菜です。
 とうもろこしのひげの数は、粒の数と同じで、ひげが多いほど粒がつまっています。ひげの先が茶色くなると、おいしく食べられると言われています。
 今日は、ゆでとうもろこしにしました。旬のとうもろこしを味わいましょう。

              

令和4年7月14日(木)

ごはん ジャガマーボー
中華スープ 牛乳

 

ぱくぱくだより「ピーマン」

 ピーマンは、一年中出回っていますが、夏が旬の野菜です。この時期のピーマンは一番おいしく、ビタミンなどの栄養素も多くなります。
 緑色のピーマンをそのままとらないでおくと、熟して赤色になります。赤ピーマンは、緑色のピーマンより甘みが強いのが特ちょうです。
 きょうは、ジャガマーボーに使いました。

                          

令和4年7月13日(水)

ごはん 肉じゃが 即席漬
だいずとじゃこの炒りに 牛乳

 今日は写真はありません。申し訳ありません。

ぱくぱくだより「夏休みの食事」

 暑さで食よくがなく、じゅうぶんな食事がとれない日が続くと、つかれやすくなってしまいます。暑い夏を元気に過ごすためには、栄養のバランスがよい食事をとることが大切です。
 おもにエネルギーのもとになるごはんやパンなどの「主食」、おもに体をつくるもとになる魚・肉・卵などを使った「主菜」、おもに体の調子を整える野菜などを使った「副菜」がそろうと栄養のバランスがよくなります。
 夏休み中の食事も「主食」「主菜」「副菜」をそろえましょう。

                          

令和4年7月12日(水)

ロールパン きびなごフライ
卵とトマトのスープ 牛乳 ミックスフルーツ

 

ぱくぱくだより「牛乳の栄養」

 牛乳には、歯や骨のもとになるカルシウムがふくまれています。歯が生えかわり、身長がのびる小学生、中学生の時期は、とくにカルシウムが必要です。
 給食の牛乳1本分の中には、1日に必要なカルシウム量の3分の1以上がふくまれています。
 夏休み中の食事やおやつにも、牛乳を取り入れるといいですね。

            

令和4年7月11日(月)

はいがごはん カレーピラフの具
野菜スープ 牛乳 ヨーグルト

 

ぱくぱくだより「香辛料」

 きょうのカレーピラフの具に使われているカレー粉はクミン、ターメリックなど、いろいろな種類の「香辛料」を合わせて作られています。
 「香辛料」は、料理に色やかおり、からみをつけたり、くさみを消したりします。また、薬として使われることもあります。
 暑さで食欲がおちてくるこの時期には、香辛料を使った料理がよく合います。

             

令和4年7月8日(金)

ごはん 白身魚のチリソース
ゆで野菜 とうがんのスープ 牛乳

 

ぱくぱくだより「とうがん」

 とうがんは、形がラグビーボールのようなかたちで、大きいものだと3kg以上の重さがあります。
 とうがんは、冬のうりと書いて「冬瓜」と呼びます。夏が旬の野菜ですが、冬まで保存して食べることができるので、この名前がつきました。
 きょうは、スープにとうがんを使いました。

             

令和4年7月7日(木)

ごはん 鶏ごぼうごはんの具
すましそうめん えだまめ 牛乳

 

ぱくぱくだより「七夕とそうめん」

 日本には、昔から七夕の日にそうめんを食べる習慣があります。ゆでたそうめんが、天の川ににていることや、織姫が機織りに使う糸ににていることから、食べられるようになったといわれています。
 また、七夕にそうめんを食べると大きな病気にかからないという言い伝えがあります。

             

令和4年7月6日(水)

はいが食パン チリコンカーン
キャベツサラダ 牛乳 すいか

 

ぱくぱくだより「すいか」

 すいかは、7月ごろが旬の食べ物です。きゅうりやかぼちゃなどと同じ、うりの仲間です。
 中国の西のほうから伝わってきたので、西の瓜と書いて、「西瓜」という名前がつきました。
 すいかの果肉のほとんどは水分です。夏は汗をかくので、すいかは水分補給にぴったりの食べ物です。

           

令和4年7月5日(火)

麦ごはん ゴーヤチャンプルー
かつおの油みそ すまし汁 牛乳

 

ぱくぱくだより「かつおの油みそ」

 油みそは、ゆでた豚肉や魚、貝などといっしょに油で炒めたみそのことで、沖縄県に昔から伝わる家庭料理です。

 油みそに入れる具材や味付けは、家ごとにちがいがありますが、油みそをごはんといっしょに食べることが多いそうです。

 今日は、かつおをゆでてほぐし、油で炒めてみそとさとうで味付けをした、かつおの油みそです。ごはんといっしょに食べましょう。

               

令和4年7月4日(月)

チーズパン 夏野菜のスパゲティ
コーンサラダ 牛乳 冷凍パインアップル

 

ぱくぱくだより「ズッキーニ」

 ズッキーニは夏が旬の野菜です。

 形はきゅうりに似ていますが、カボチャの仲間です。

 表面はなめらかで、あざやかな緑色をしていて、炒め物や揚げ物などの、油を使った料理によく合います。

 今日は、ズッキーニをオリーブ油で炒めて、夏野菜のスパゲティに使いました。

           

令和4年7月1日(金)

麦ごはん いわしのかば焼き
ごまじょうゆ和え みそ汁 牛乳

 

ぱくぱくだより「オクラ」

 オクラは、夏が旬の野菜です。春先に種をまくと、黄色の花が咲き、夏に実がなります。

 料理に使うのは、実の部分で、実の切り口は星の形に見えます。切り口から出るねばりのある水分には、おなかの中をきれいにしてくれる食物繊維が含まれていたり、夏バテを予防したりする働きがあります。