令和4年5月31日(火)

ごはん かつおのごまみそあえ
即席漬 沢煮椀 牛乳

 

ぱくぱくだより「かつお」

 かつおには旬の時期が2回あります。春にとれるかつおは「初がつお」といい、秋にとれるかつおは「戻りがつお」といいます。
 「初がつお」はさっぱりとしたうまみがあり、「戻りがつお」は、あぶらのうまみがあります。
 今日は旬の初がつおを使って、かつおのごまみそあえに
しました。

       

令和4年5月30日(月)

はいがパン カレービーンズシチュー
アスパラガスのソテー 牛乳

 

ぱくぱくだより「アスパラガス」

 アスパラガスの旬は初夏です。
 ヨーロッパから伝わった野菜で、北海道や長野県などが主な産地です。
 グリーンアスパラガスは、芽が出るとそのまま日光にあてて育てるので、緑色をしています。芽が出るころに土をかけて日光にあてないで育てると、白い色のホワイトアスパラガスになります。

       

令和4年5月27日(金)

ロールパン 塩焼きそば 中華あえ
アップルコンポート 牛乳

 

ぱくぱくだより「横浜開港菜」

 横浜の開港をきっかけに日本で初めて作られ、横浜から日本各地に広まった西洋野菜を「横浜開港菜」とよびます。
 「横浜開港菜」とよばれている野菜は、全部で14種類あります。今日の給食に入っているキャベツやにんじん、セロリなども「横浜開港菜」です。

       

令和4年5月26日(木)

ごはん さばのみそ煮
きんぴら かきたまじる 牛乳

 

ぱくぱくだより「魚の食べ方」

 魚のもりつけ方や食べ方を覚えましょう。
 もりつけ方は、魚の頭側(太い方)を左にして皿に置きます。
 食べる時は、一口で食べられるくらいの量を取ります。
 はしを正しく使って、魚をじょうずに食べてみましょう。

     

令和4年5月25日(水)

麦ごはん 肉そぼろ
切干しだいこんのに物 さつきじる 牛乳

 

ぱくぱくだより「さつきじる」

 昔のこよみでは、5月のことを「さつき」といいます。
 さつきじるとは、5月が旬の食べ物を使ったみそしるの
ことをいいます。日本では、昔から旬の食べ物を料理に
使って、季節の食べ物を味わい、食事を楽しんできました。
 今日のさつきじるには、旬のさやえんどうとわかめが
入っています。

      

令和4年5月24日(火)

あげパン 野菜のスープ煮
メロン 牛乳・チーズ

 

ぱくぱくだより「あげパンの作り方」

 給食のあげパンは、学校の給食室で作っています。
 パンの外皮はカリッと、中はふわふわにあげるために、調理員さんは油の温度やあげる時間に気を配りながら作っています。そして、あげたパンが熱いうちに、砂糖とグラニュー糖、ほんの少しの塩を混ぜたものをまぶします。
 給食のあげパンを味わって食べましょう。

      

令和4年5月23日(月)

麦ごはん・ふりかけ 肉じゃが
からしじょうゆあえ 牛乳

 

ぱくぱくだより「ぶた肉」

 ぶた肉は、おもに体をつくるもとになる赤の食べ物ですが、ビタミンもふくまれています。ぶた肉にふくまれるビタミンは、ごはんやパンなどがエネルギーにかわるのを助ける大切な働きをしています。
 ごはんやパンといっしょにぶた肉を食べて、元気にすごしましょう。

       

令和4年5月20日(金)

はいがごはん ポークカレー
ごま酢あえ プルーンはっこう乳

 

ぱくぱくだより「食べ物の働き」

 食べ物は、体の中でのおもな働きによって「黄・赤・緑」の3つのグループに分けられます。黄の食べ物は、おもにエネルギーのもとになります。
 赤の食べ物は、おもにじょうぶな体をつくるもとになります。そして、緑の食べ物は、おもに体の調子を整えるもとになります。
 食事は、3つのグループの食べ物をバランスよくとることが大切です。

       

令和4年5月19日(木)

ごはん さわらのあんかけ
磯香あえ 呉じる 牛乳

 

ぱくぱくだより「食器の正しい置き方」

 ごはんとしる物、おかずを組み合わせた和食は、日本に伝わる食事で、食器の置き方も決まっています。
 和食では、ごはんを左、しる物を右に置き、はしは持つ方を右がわに置くのが基本です。そして、茶わんやおわんは手に持って食べます。
 食器を正しい位置に置いて、器を持って食べましょう。

     

令和4年5月18日(水)

麦ごはん チャーハンの具
中華スープ 牛乳・アイスクリーム

 

ぱくぱくだより「アイスクリーム」

 日本で最初のアイスクリームは、1869年に中区の馬車道通りにあった「氷水屋」という店で、「あいすくりん」という名前で売り出されました。
 その当時、冷凍庫などはなかったので、氷を遠くから運んでくる必要がありました。そのため「あいすくりん」の値段は、一人分が今の8000円くらいしていました。
 5月9日は、アイスクリームの日です。アイスクリーム協会がこの日に記念行事を行ったことから、記念日となりました。

              

令和4年5月17日(火)

はいがごはん チリコンカーン
わかめサラダ 牛乳

 

ぱくぱくだより「わかめ」

 わかめは、日本のまわりの海でとれる海そうで、岩手県や宮城県でとれる「三陸わかめ」や、四国の徳島県でとれる「鳴門わかめ」が有名です。
 3月から5月にとり、塩漬けにしたり、かんそうさせたりして保存し、1年中食べられるようにしています。
 給食では、みそしるなどのしる物やサラダなどに使います。

              

令和4年5月16日(月)

ロールパン ツナのカレー炒め
フライドポテト ヌードルスープ 牛乳

 

ぱくぱくだより「食事中の正しい姿勢」

 みなさんは食事のとき、どんな姿勢で食べていますか。姿勢を正しくして食事をすることは、マナーのひとつであり、食べ物の消化も良くなります。
 背すじをぴんとのばして、机とおなかの間はこぶしひとつ分あけます。
 足のうらをゆかにピタッとつけて、よい姿勢で食べましょう。

        

令和4年5月13日(金)

ごはん・焼きのり 生揚げのそぼろに
ごまじょうゆあえ 牛乳

 

ぱくぱくだより「生あげ」

 生あげは、大豆から作られる食べ物です。
 まず、大豆から豆ふを作り、それを厚く切って、油であげて作ります。豆ふを厚く切ってあげるので、厚あげとよばれることもあります。
 油であげることで、味がしみこみやすくなり、いため物やに物などの料理に向いています。

     

令和4年5月12日(木)

はいがごはん 親子丼の具
みそしる あまなつみかん 牛乳

 

ぱくぱくだより「あまなつみかん」

 あまなつみかんは、3月から5月ごろが旬の果物です。なつみかんより、すっぱくないので「あまなつみかん」と名づけられました。
 病気から体を守ったり、つかれた体を元気にしたりする働きのあるビタミンという栄養素が含まれています。
 皮が厚いので、皮と実をはずしてから食べましょう。

                              

令和4年5月11日(水)

はいがごはん きびなごフライ
ひじきごはんの具 けんちんじる 牛乳

 

ぱくぱくだより「きびなご」

 きびなごは、体長が10センチくらいの魚で、からだに青みがかった線のような模様が入っています。
 鹿児島の方言では、帯のことを「きび」といい、小魚のことを「なご」といいます。きびなごの線が帯のように見えることから、「きびなご」と呼ばれています。
骨ごと食べることで、カルシウムをたくさんとることができます。よくかんで食べましょう。

                                   

令和4年5月10日(火)

ぶどうパン スパゲティナポリタン
コーンサラダ ミックスフルーツ 牛乳

 

ぱくぱくだより「スパゲティナポリタン」

 スパゲティナポリタンは、横浜で生まれた料理です。

 あるホテルの料理長が、ゆでたスパゲティにケチャップをまぶして食べているのを見て、考えた料理と言われています。

 その後、日本人の好みに合うように、やわらかめにゆでたスパゲティとたまねぎ、ピーマン、ハムをいっしょにいためて、ケチャップで味をつけました。それが人気となり、日本中に広まっていきました。

                            

令和4年5月9日(月)

はいがごはん 麻婆豆腐 中華和え
牛乳 オレンジゼリー

 

ぱくぱくだより「四川料理(麻婆豆腐)」

 中国料理では、材料や味つけによって「四川」「広東」「北京」「上海」の四つに分けられます。麻婆豆腐は、四川料理の一つです。

 四川料理は、野菜や肉を多く使うこと、とうがらしや香辛料など、辛味の強い味つけにすることが特ちょうです。

 麻婆豆腐には、辛味の強い「トウバンジャン」という調味料を使っています。

                           

令和4年5月6日(金)

ごはん 鶏肉の甘辛煮 五目ずしの具
すまし汁 牛乳

 

ぱくぱくだより「こどもの日」

 5月5日は「こどもの日」です。「端午の節句」とも言い、子どもの幸せと成長を願う日です。

 こいのぼりをあげたり、かぶとをかざったり、かしわもちやちまきを食べる習慣があります。

 五目ずしは、昔からお祝いなどの行事がある時に食べられてきました。ごはんと具を混ぜて食べましょう。

                    

令和4年5月2日(月)

麦ごはん ツナそぼろ
ぶどう豆 みそしる 牛乳

 

ぱくぱくだより「ぶどう豆」

 給食では、豆や豆せい品を使った献立が多くあります。

 ぶどう豆は、しょうゆとさとうで大豆を甘く煮た料理です。色や形が「ぶどう」のつぶに似ていることから、ぶどう豆と言われるようになりました。

 今日は、時間をかけて煮て、味を煮含めました。

 はしをじょうずに使って、食べましょう。