昨日、例年行っている、6年生への防災授業を地域の皆様が行ってくださいました。発電や救急救護、アルファ米の炊き出し等、指導してくださいました。本日は阪神淡路大震災から25年。子ども自らが自然災害時に自分の命を守る大切さを感じたよい機会となりました。皆様、ありがとうございました!