学校薬剤師の先生が6年生を対象に「薬物」に関する出前授業を行ってくださいました。薬物乱用による脳の萎縮や幻覚症状の怖さを写真やイラストを通して学びました。

 また、市販されている医薬品もその使用方法を間違えることで、体によくないことが起きてしまったり、危険薬物と同じような幻覚症状が表れてしまったりすることがわかりました。

 授業の最後には、薬物をすすめられたときの断り方をシュミレーションし、いかなる状況においても、はっきりとお断りをして、その場から離れることが大切だということを学ぶことができました。

 学校薬剤師の先生、貴重なお話をありがとうございました。