6年生は、学級活動で「こつこつ貯めよう カルシウム貯金」を学習しました。普段何気なく言われてきたカルシウムの大切さ。カルシウムと骨、体に必要なカルシウムの量を学びました。

 骨量は、10歳から20歳の間にしっかりとカルシウムを蓄えることができ、それ以降は少しずつ低下していくことがグラフでわかりました。

 今のうちからしっかりとカルシウムをとるためにどのようなことができるかをみんなで考え、朝食や給食の食べ方について見直しました。そして、牛乳・乳製品を積極的にとること、運動や睡眠時間などの生活習慣をリズムよくすることを目標にすることができました。6年生は、これから中学生になるうえで大切なことを学び、実生活に生かせるよう活動しています。