3年生は、社会科で「かわる道具とくらし」という学習に取り組んでいます。この日は、自分たちが持ち込んだ洗濯物を洗濯板とせっけんを使って、洗いました。

 洗濯板の使い方に慣れていない子どもたち。泡を立てるにも力がいります。昔はこんなに力が必要で、時間もかかったのだと間近で体験し、今の暮らしの便利さを実感していました。