横浜マイスターの堀内強美さんが開発した「えのきたけを使ったバッター液」をつかったとんカツが給食で出ました。横浜マイスターは、市民の生活・文化に寄与する優れた技能を選定された方のことを言います。堀内さんは、調理師として食肉加工に精通され、ご自身のお店「とんかつ 美とんさくらい」で「釜焼きとんカツ」を提供されています。

 『子どもたちには、アレルギーの有無にかかわらず、健康的でおいしいとんカツを食べてもらいたい』と卵を使わず、えのきたけを使った衣作りについて研究され、今回、荏田南小学校で実施していただくことになりました。

 給食室でもその製法から、特製の衣をまとったとんカツを揚げた後、オーブンで余分な油を落とし、提供しました。

 給食時間には、堀内さんのビデオメッセージを聞きながら、その熱い思いに触れ、きのこが苦手でもこれなら食べられたと、喜んでおいしく食べている子どもたちの姿もありました。

 いまの給食時間は、黙食です。しかし、黙食のときこそ、味わっておいしく食べられるということを子どもたちも実感できたようです。堀内さん、ご協力いただきまして、ありがとうございます!

 ⇒出来上がった給食はこちらへ